引っ越しの時に役立つ豆知識~荷造り&片付け~

引っ越しが決まった!大量の荷物との格闘開始!

引越しの際の最大の難関、それは荷造りと新居での片付け。単身での引っ越しなら、まだいいのですが、家族が増えればとんでもない大仕事になります。もちろん、今は引っ越し会社のサービスで、荷造りや片付けをおまかせできるプランもありますが、やはり金額はアップしますし、他人にいろいろ見られたくないと思う人も多いでしょう。そんな時、ちょっとした作業で、荷造りや片付けを楽にできるコツがあるんです。必要なものはマジックペンのみ。やってみて損はありません。

大切なのは、計画と準備!

まず最初に新居の間取り図を用意します。そして各部屋に「リビング」「キッチン」「寝室」とそれぞれ別の名前を書き込んでいきます。子ども部屋などが2つ以上ある場合は、「子ども部屋・1」や「子ども部屋・右」など、誰にでもわかりやすい名前を付けておきます。これで準備はOK!後はどんどん段ボールに荷物を詰めていきます。その際にやっておくのは、それぞれの段ボールの中身を新居での収納先別にしておくこと。例えば、今は脱衣所に置いている子どもの着替えを、今後、子ども部屋に収納する場合は、子ども部屋の荷物と一緒に箱に詰めます。そして中身の記入と共に、収納する予定の部屋の名前を段ボールの上の面に書いておきます。「子ども部屋(右)・子ども服」といった感じですね。

さあ、引っ越し当日!引っ越し屋さんとの連携プレー!

さて、引っ越し当日。間取り図を見せて、引っ越し屋さんに次のお願いをします。「それぞれの荷物に、運んでもらう部屋が書いてあるので、それを見て運び入れて下さい」と。間取り図は、玄関付近などわかりやすい所に貼っておくといいですね。こうすることで、引っ越し屋さんもスムーズに作業できますし、荷ほどき・片付けをする際にも、荷物を持って家中を走り回ることもありません。ちなみに、荷造りの際にどうしても行先の決まらなかった荷物は、新居の使用頻度の低い部屋を指定しておきます。ただし、これを少なくすることが引っ越し後の片付けの楽さを左右することになるので、お忘れなく!

不用品の回収なら、リサイクルショップに連絡するとすぐに見積もりにきてくれます。わざわざお店に出向かなくてもいいし、大きなものも買い取ってくれるので便利です。