独立開業前後の手順と考え方についてーその3選

会社を辞める前にやっておくことがあります

サラリーマンが、「自分のやりたいことで独立をしたい」「生き甲斐のある仕事をやってみたい」と考えている人は多いものです。人の生き方は、千差万別なのでリスクに挑戦しないでサラリーマンを続けながら趣味などで生活をエンジョイする生き方も悪くありません。一方、サラリーマン生活に満足せずに起業の道を選ぶことも素晴らしい生き方です。しかし、会社を辞めて独立するには、その手順やタイミング、やっておかなければならないことがたくさんあるのです。

家族の支援、協力は得られているのか

生活環境は人それぞれ違いますが、独身ならともかく、奥さんや子供がいる人は、家族を説得できるかどうかがまず問われます。事業を成功させるには、周りの協力が大切になります。独立すれば、サラリーマン時代とは違って安定した収入の保証は何もありません。家族が不安になるのはもっともな話なのです。万が一の時に、支えてくれるのは家族です。奥さんや子供に独立することをどれだけ理解してもらえるかが、起業成功のカギになるのです。

退職までに経営の勉強をすることです

会社を辞めればサラリーマンの時とは保険や税金の種類が違ってきます。また、失業保険も提出する時期によって給付金に差が出てきます。サラリーマンが独立をするにあたっては、国の助成金制度などもあります。様々な独立開業系の雑誌を購入して商売の研究をすることです。起業のフェアやビジネスコンベンションに参加するのも良いでしょう。独立は、会社を辞めるときに始まるのではなく、独立起業を決意したときからすでに始まっているのです。

フランチャイズとは本部が運営する権利を購入し、本部の代わりに店舗運営することです。すでにマニュアルが存在するので初心者でも簡単に経営し、利益を出すことができます。