ホームページに興味はあるけどそれで何ができるの?

ホームページを持つ理由は何?

ホームページは個人でも法人でも誰でも持つことはできます。その目的は、個人であれば自己表現の一つの方法であり、発信するツールです。自分で撮った画像をアップして見てもらう。または、お気に入りの有名人を紹介したり、グルメ気取りで美味しい食べ物の記事を書いたりと、ありとあらゆる情報を自己満足の共有として発信しています。そして法人は、会社の宣伝媒体の一部としてホームページを活用しています。しかし、それだけで営業に結びつくかと言うと、難しいところですね。

ホームページって誰でも作れるの?

厳密に言うと、簡単ではありません。本来ならプログラマーなど専門の技術者に高いお金を払って作成してもらいます。個人で作成するとなると、専門のソフトでレイアウトやデザイン、ライティングなどを勉強し、更にページをアップさせるために、ドメインと呼ばれる住所を取り、それを移すサーバーをレンタルという解りにくく面倒な作業をしなければなりません。それに、その時点で挫折する人が多く出てしまいます。ですので、最初は無料ホームページスペースを借りて、簡単なブログから始めたほうが良いですよ。そこで毎日記事を更新すれば、慣れてきますし自信も付いてきます。続けていれば読者も増えてきますので、アドセンスやアフィリエイトなどのネットビジネスもできるようになります。

ホームページやブログができたらすぐ見られる?

残念ですが、そうはいきません。何故なら、誰もその存在を知らないからです。今、ホームページはは世界中に約、100兆あるのです。作り立てホヤホヤのページも毎日生まれています。検索エンジンのクローラーがが発見するのにも時間が掛かるのです。無料ブログは歴史が長いので検索エンジンに発見されやすいとは言っても、ブログの内容によっては無視されることも多々あります。そこで、SEO(検索エンジン最適化)といって、キーワードをいくつか入れて検索エンジンを呼び込む戦略を施しましたが、今ではオウンドメディアと言い。人に役立つ記事をしっかりと書き込んだページを、グーグルが最も提供したいページとしたので、生半可な戦略は通用しなくなりました。グーグルの資金源はクライアントによる広告ですので、中途半端な記事を乗せる訳にはいかないのです。検索ページの1ページ目の上位に入ることは至難の業ですが、そのためにはテーマを決めて、確実な情報を書き込んでいけば読者も増えて、上位に表示されるようになるでしょう。

ホームページ作成とSEOはどちらも大切です。どんなに素敵で手のこんだホームページを作ってもSEOに強くしなければ、閲覧数を上げることは難しいからです。