フランチャイズとしてお勧め出来るのは!!

マニュアル化されている仕事

フランチャイズの仕事、と言うのはいくつもありますが、全体的に絶対なのはマニュアル化できるところです。つまりは、仕事がすべてそれを見ればわかるわけです。それができるからこそ、フランチャイズでの仕事ができるようになっています。例えば、その代表例というのがコンビニになります。コンビニは物凄く作業がありますが、すべて完全にマニュアル化されていますから、それは脱サラでもやることができるわけです。それが良い商売の仕方になっています。

発祥はアメリカ合衆国です

フランチャイズの発祥はアメリカ合衆国です。何でもフランチャイズ化する、といわれていますが、意外と歴史は浅いです。一律でサービスを提供することができるマニュアル化、というのを様々な商売で導入したわけです。この方式は日本でもしっかりと根付いており、様々な商売がフランチャイズ化されています。どうやって本部が利益を出しているのか、というのにもよることもあり、成功するかどうかは意外と他動的な要因もあります。

フランチャイズ本部に関することは

フランチャイズとは契約の仕方でもあります。要するに本部から様々なノウハウを提供してもらって、商売をするわけです。それは仕入れから流通、販売の仕方など色々とあります。そして、そこで本部が利益を出すわけですから、どこまでやるのかによって違ってきます。契約金のみである場合もありますし、売上の何割か、と言うこともあります。その程度によって、利益率がまったく違います。しかも、それは条件によって違い、一律ではないです。

生活の中でよく聞く「代理店」。これは文字通り代理に商品やサービスを販売して利益を得ている企業のことです。