意外に知られていない・・・プライバシーを守る方法!

プライバシーと個人情報は違います

プライバシーは個人の私生活などの秘密を守らなくてはいけないというものです。プライバシーは全ての国民に適用されているので、必ず第三者には、漏らしてはいけません。プライバシーと個人情報は同じに思いやすいが、いくつかの違いがあります。個人情報は個人を特定できる氏名・住所・生年月日などですが、プライバシーは私生活の活動内容などを表します。企業がプライバシーを漏らさないことを誓う意味でもある、プライバシーマークというものもあります。

プライバシーポリシーが記載されています

企業がプライバシーに関して、細かく記載したものをプライバシーポリシーと言います。企業のホームページなどにも記載してありますが、企業の住所や電話番号なども一緒に記載してあります。プライバシーポリシーを記載することによって、利用者を安心させることができます。よく、利用規約などに、この部分までしか情報を使いませんと言った文章がありますが、それが、プライバシーポリシーの記載になります。プライバシーポリシーの内容を守るということは、個人情報も同時に守ることになります。

プライバシー保護に役立つシールがあります

プライバシーを守るためにプライバシー保護シールというものがあります。プライバシー保護シールは保険証などに貼る、住所・生年月日などが第三者から見えないように目隠しをするためのシールです。プライバシー保護シールには様々な大きさがあるので、使用目的に合ったサイズのシールを使用することが必要でしょう。保険証が発行されたときには、保険証と一緒にプライバシーシールも一緒にもらうことができます。また、プライバシーシールはメーカーから直接購入することもできます。

機密文書は廃棄をする際には判別が出来ないように処理をすることで、情報が流出してしまうリスクを抑えられます。